勾玉専門店 国産糸魚川ヒスイの原石を用いた勾玉造りを京都最北端の地”丹後”にて行っております

音量調整
  1. ホーム
  2. 勾玉

勾玉

勾玉とは

語の初出は『記紀』で、『古事記』には「曲玉」、『日本書紀』には「勾玉」の表記が見られる。語源は「曲っている玉」から来ているという説が有力である。遺跡、古墳などの発掘調査で発見される勾玉(曲玉)は日本特有の祭具・神器であり、古代中国からは発見されない。朝鮮半島の一部の古墳からは発見されているが、これらのすべてが交易により日本から輸出されたものと考えられている。

他に例のない形状

その独特の形は、月の形、動物の牙、胎児の形などと言われているが、決定的な事については文献等の記述が残っておらず、何もわかっていない。ただ、古代人の信仰において重要な存在であったことは疑いようがない。

玉の分類

遺跡より発見される玉類は、その形状により次のように分類される。

丸玉…球状を呈するいわゆる玉。

平玉…丸玉の両面を押しつぶして扁平にした玉。

小玉…丸くて極めて小さい玉。

切子玉…平らな底面を共有し、断頂多角錐状を呈し、一見して硝子の切籠(きりこ)に似た玉。

棗玉(なつめだま)…長い切子玉の稜角を取り去った形の玉で、棗の実に似ている玉。

蜜柑玉(みかんだま)…丸玉の側面に縦状に凹線を刻み、蜜柑や南瓜に似た形の玉。

梔子玉(くちなしだま)…平らな底面を共有し、円錐体の側面に縦状の凹線を刻み、梔子の実に似た形の玉。

管玉…円筒状を呈し、竹を短く切ったような形の玉。

臼玉…管玉を極めて短く切った玉で、長さが直径以下のもの。

勾玉…長く湾曲した玉で、多少扁平になる傾向を示すものが多い玉。

玉を形状により分類すると、これらの形状にはおのずから系統が立てられる。すなわち、玉の形をした丸玉に長く伸ばす力を加えると棗玉になり、その棗玉の稜を立てると切子玉になる。その側面を圧して円筒状にいっそう伸ばすと管玉になる。そして、丸玉の上下両面を圧迫して、さらに平らにし、底面をつけると平玉になり、さらにそれを小さくすれば小玉、小玉の角取り去ると臼玉になり、その臼玉を長く伸ばせば管玉になる。

玉の形状を系統立てると、どの玉もこの一系の系列の中にあるが、勾玉だけはどう考えても、丸玉や管玉のいずれからも分離した形状とは考えられない。しかも、勾玉以外の玉は諸外国に類似の玉が存在するが、勾玉だけは上記のように我が国特有の玉といってよい。勾玉はいわゆる玉の概念をはみだした、「玉ならぬ、玉」なのである。

勾玉に使用された素材

水晶、硝子、玉髄、蛋白石、ろう石、碧玉、木片など古代人はありとあらゆる素材で勾玉を作成しているが、その中で最も貴重で珍重された素材は翡翠であり、権威の象徴であった。

この貴重な翡翠をどこで求めたのだろうか?翡翠の原産地である新潟県糸魚川の姫川や青海川の上流では、何トンもある翡翠の原石がゴロゴロしているが、古代人はそこまで採りにいってないようで、原産地から流れた転石を海岸で拾っているようだ。遺跡から出土する原石は、海岸で拾える原石と、形や大きさが似ている。

永遠の象徴

古墳を発掘した際、弥生時代・古墳時代の墓で死者がまとっていた衣類の断片が残っているのは極めて稀である。それから、死骸が残るのもの稀であり、歯だけとか頭骸骨だけが残る例もかなり少ない…。全部、腐ってしまうのである。

それから、一緒に埋めてあった木製品、編み物であるとか、鉄の刀なんかも、場合によってはボロボロになっている…。そういう場合でも、もとの輝きを残しながら、きちんと残っているのが翡翠の勾玉なのである。古代人にとって、人間の死骸が腐った後も、人間のかわりに少なくとも数千年後まで、輝き・形・色そういうものをきちんと残してくれるものであったのである。

出雲の勾玉

今から、およそ三十年前に、島根県の出雲大社を訪れた時の事である。当時、現在の宝物殿はなく、豊安庫に御神宝の数々が安置されていた。その中のガラスケースに、現在重要文化財に指定されている青銅製の鉾と、ヒスイ製の勾玉があった。この勾玉は今でこそ、国内最高品質のヒスイ輝石(インペリアルジェード)で出来ており、出雲(島根)と越の国(新潟県)の交流を示す歴史的資料として有名であり、世間の注目を集めているが、当時は筆者も素材がヒスイで出来ている事すらわからなかった。しかし、強烈なインパクトがあり、旅の帰りには出雲メノウの勾玉を購入した程であった。

この勾玉と鉾は弥生時代のものであるという鑑定ある。この二つの神宝は社からおよそ三百メートル離れた命主神社(ほとんど知られていない)の背後にある大石(磐石)の下から、江戸時代に発見されたという事である。発掘調査というものがなかった時代に、何ゆえ、こうした発見があったのかということについては、やがて明らかになる。

さて、最近になって天然石ブーム、パワーストーンブームが最盛期を迎えている。これは単なる偶然ではないような気がする。この神宝の勾玉も最近有名になり現在は宝物殿の中に鎮座している。X線解析され、様々な所にお出ましになり、素材であるヒスイは、鑑定の結果、新潟県糸魚川の青海のものに近いと言う答えが出た。しかし、この勾玉に関しては多くの謎が存在している。発見の状況、時代などからして普通ではない。この勾玉は誰の持ち物であったのだろうか?古墳の中からの発見であれば、首長、権力者の物であった可能性があるが、墓からの発見でなく副葬品でないとすれば、このすばらしい勾玉は誰のもので、どのような意味があるのか説明が難しい。仮に弥生時代の伝世品であれば、製作年代が上がる事になる。もし、こうなると一緒に発見された青銅性の鉾も違った意味を持つことになる。つまり、この二つの神宝が存在する意味が異なっているのである。祭神の大国主命の持ち物であるとするならば、それ以前の須佐之男命まで、さかのぼる事が出来る。なぜ、この二人の神名を出したのかと言えば、それは、この特殊な事情を説明できる理由が「国譲り」という古代の大事件に大きく関わっているからである。

出雲大社には多くの謎がある。特に祭神の向く方向が特殊であることは御存知だある方も多いと思われるが、これはいったい何を表しているのだろうか?まるで、祭神が誰かに監視され、管理されているような状態である。その他にも大社の付近にある荒神谷遺跡からは数多くの青銅製の鉾が出土しているが、古代の出雲勢力の規模からすると、貧弱であり、後からとってつけたような印象を受ける……。本当のところ、当時の大国主の時代は鉄の文化の全盛期であったと筆者は考えている。発見された青銅器の裏側には、大陸文明の影が見え隠れする。青銅器自体は日本で造られたものであるが、その製造法は外国からの輸入であり、時代がかなり新しい。つまり、出雲大社の御神宝の勾玉と鉾は製造年代が異なっているという事である。一般的な歴史認識として、古い方から縄文があり、弥生があり、古墳時代になるというのが常識である。しかし、筆者は縄文時代、弥生時代は同時期に平行して存在していたと考えている。古代日本列島において列島全域に影響を及ぼす程の国が誕生したのは奈良時代以降であり、完全に統一されたのはかなり時代が下って戦国時代末期の豊臣政権下においてである。奈良時代以前の日本列島には複数の民族の国・勢力圏が存在していたはずである。鉄製造は、青銅器の時代の前にも存在しており、その鉄製造を司っていたのが、古代出雲の大国主なのである。大国主は現在の山陰道、丹後・丹波、北陸道まで強大な勢力を持っていようだ。

古代において原日本人(縄文人)、渡来人(弥生文化人)の戦いがあり、渡来人の作った大和朝廷が出雲の勢力を飲み込んでしまうわけであるが、大和朝廷も、出雲、大国主の強大な霊的パワーを封じる必要が生じたのである。出雲大社の向かって右側に北島家のお屋敷がある。その側面に接して、命主神社と言う小さな社がある。神魂伊能知奴志神社(かみむすびいのちぬしのかみのやしろ)に祭られる神は大国主に”国造りの大業”を授けた神であり、大国主の知恵の源である。この社の下よりヒスイの勾玉、青銅の鉾が同時に発見されている。ヒスイの勾玉はご神体としてスサノオの時代より以前から伝世したものだろう、大国主は国譲りの大事の後に国と共にこの御神宝を譲り渡したのであるが、譲り受けた方も、その御魂をどう扱うべきか対応に苦慮したのだろう。その結果、強大な大国主の力を封印する働きがあると信じられていた、青銅の鉾を同じ所に安置し、土に埋め、その上に巨石を置き、事あるごとに祈りを捧げていたのである。現代においても、この命主神社は大社の全ての神事の前に詣でる場所であり、特別に重要視されている事は間違いない。

ある時、この石に突然興味をそそられる時がある。ひょっとすると、誰もが持っているものかも知れないが、ほとんどの人々は、それに気付かずに毎日を送っている。しかし、あるきっかけをもって全てがこの石の方向に向く事がある。おそらく、古代から伝わる、もともと我々の脳に記録されたものが目覚めたのだろう。だが、これには段階と深さがある。ある者は、この石を見る事で満足する者もいる。また、ある者はこれを集めること、拾うことで満足する。しかし、これは入口に過ぎない。その神秘性の奥に隠れている生命の真相にせまる事は、ある意味、先祖帰りであり、人と言うものの在り方を究明する事でもある。

ホームへ